経営サポート、決算対策 (77 )

2016/04/20
消費税の仕組みについて

今回は消費税の仕組みについてご説明させて頂きます。

 

入門編として、なるべく簡単にお伝えしたいと考えておりますので、そんな事知ってるよ!という方は聞き流して頂けると幸いです。

 

1.消費税は間接税

 

税金には「直接税」と「間接税」という2種類の徴収方法があり、所得税や法人税や相続税、固定資産税や自動車税などは「直接税」と言い、納税者が直接税金を納めるものです。
これに対して「間接税」は納める者と実質的に負担する者が違う税金です。
消費税は実質的には消費者が負担する税金ですが、納めるのは商品の販売業者など、という事です。

 

コンビニで買い物をする場合を考えてみてください。

 

私がお客さんとして、コンビニで買い物をする時、本体価格に消費税を上乗せして支払っています。
つまりお客さんである私自身が消費税を負担しています。

 

ただし、この消費税を国に納めるのはコンビニです。
コンビニは、お客さんから受け取った消費税を、後日、納税します。
コンビニがお客さんから受け取った消費税は、ただ単に預かっているだけという事です。

 

もちろん、コンビニは、預かった消費税の全額をそのまま納付するわけではありません。
コンビニは、仕入先から商品を仕入れてきたときに、仕入代金に対する消費税を支払っています。
あるいはコンビニの営業に必要な備品などの消耗品を購入した時も、消費税を支払っています。
そこで、コンビニは売上時に受け取った消費税から、仕入時等に支払った消費税を差し引いた差額だけを納税します。

 

当然ですが、コンビニが仕入時に仕入先に対して支払った消費税は、その仕入先が納税します。

 

ちなみに、酒税やたばこ税、ゴルフ場利用税なども、消費税同様に「間接税」になります。

 

2.消費税の税率

 

現在の消費税の税率は8%ですが、全額を国に収めているわけではありません。
内訳は国税が6.3%で、都道府県に納めている地方消費税が1.7%になります。
納める先は税務署、つまり国ですが、その中には都道府県に納める地方税も含まれているという事です。

 

消費税の税率についてはまだ5%の頃にもこちらで掲載させて頂いていますので、ご参照下さい。

http://www.alfa-tax.jp/keiei_support_kessan_taisaku/800/

 

また次の機会に、消費税の区分等について説明させて頂こうと思います。

 

ご不明な点がございましたらアルファ税理士法人までお問い合わせください。

 

アルファ税理士法人
http://www.alfa-tax.jp/
相続・不動産特設サイト
http://www.alfa-asset.com/



起業支援

起業支援

新規法人設立・個人事業開業から開業時の融資斡旋、助成金、経理業務確立までトータルでサポート。詳しく見る

経営サポート、決算対策

経営サポート、
決算対策

月次決算・決算予測から、金融機関対策・斡旋、節税案の提案、訴訟等の法務相談。税務申告、経営全般までサポート。詳しく見る

相続対策

相続対策・
シミュレーション

相続税試算から、事前対策、円滑な遺産分割、納税までを丁寧に、わかりやすくサポート。詳しく見る

資産税・不動産コンサルティング

資産税・不動産
コンサルティング

等価交換や立体買換え等の資産税サポート、グループ企業や提携企業との連携による資産売却、購入・有効利用等の各種ご提案。詳しく見る

事業承継

事業承継・M&A・
法人売却サポート

円滑な事業承継のための対策や、M&A、法人売却または清算まで、イグジットまでお任せ下さい。 詳しく見る

生命保険・損害保険

生命保険・損害保険コンサルティング

グループ企業による保険コンサルティング。標準保証額の算定や、財務体質の強化、相続対策に有効な各種商品をご提案致します。詳しく見る