経営サポート、決算対策 資産税・不動産コンサルティング (77 )

2016/12/01
資産計上?修繕費?

2016年も終わりに近づき、ほんのり確定申告の香りが漂う季節になりました。

 

そこで、今回はマンション・アパート経営をされている方が判断に迷う「この支払いは修繕費になるのか?」
という点について、改めてまとめてみようと思います。

 

基本的な考え方は、その資産の価値を高め又は使用可能期間を延長する場合には、資産に計上して減価償却をしなければならず、原状回復と認められるような場合には修繕費として必要経費に算入することができます。
といっても、この判断はなかなか難しいので、所得税の基本通達で下記のような一定の基準を示しています。
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shotoku/05/07.htm

 

(1)修繕費となる場合
①20万円未満の少額の修繕、もしくは修繕の周期が3年以内の場合
②通常の維持管理、原状回復のための支出

 

(2)資産計上となる場合
下記の例示のように明らかにその資産の性能がアップする場合
①建物の避難階段の取付け等物理的に付加した部分に係る金額
②用途変更のための模様替え等改造又は改装に直接要した金額
③機械の部分品を特に品質又は性能の高いものに取り替えた場合の
その取替えに要した金額のうち通常の取替えの場合にその取替えに要すると認められる金額を超える部分の金額

 

(3)修繕費か資産計上か判断が難しい場合
次のいずれかに該当する場合には、修繕費としてよいとされています。
①支出額が、60万円未満
②支出額が前期末取得価額の10%以下

 

このような一定の基準はあるものの、実際の判断は難しく、税務調査でも論点となることが多いです。

 

判断に迷われた場合には、アルファ税理士法人までお問い合わせください。

 

アルファ税理士法人
http://www.alfa-tax.jp/



起業支援

起業支援

新規法人設立・個人事業開業から開業時の融資斡旋、助成金、経理業務確立までトータルでサポート。詳しく見る

経営サポート、決算対策

経営サポート、
決算対策

月次決算・決算予測から、金融機関対策・斡旋、節税案の提案、訴訟等の法務相談。税務申告、経営全般までサポート。詳しく見る

相続対策

相続対策・
シミュレーション

相続税試算から、事前対策、円滑な遺産分割、納税までを丁寧に、わかりやすくサポート。詳しく見る

資産税・不動産コンサルティング

資産税・不動産
コンサルティング

等価交換や立体買換え等の資産税サポート、グループ企業や提携企業との連携による資産売却、購入・有効利用等の各種ご提案。詳しく見る

事業承継

事業承継・M&A・
法人売却サポート

円滑な事業承継のための対策や、M&A、法人売却または清算まで、イグジットまでお任せ下さい。 詳しく見る

生命保険・損害保険

生命保険・損害保険コンサルティング

グループ企業による保険コンサルティング。標準保証額の算定や、財務体質の強化、相続対策に有効な各種商品をご提案致します。詳しく見る