起業支援 経営サポート、決算対策 (15 )

2015/03/19
「合名会社」と相続の関係

今日は、株式会社・合同会社などの法人の種類のうち「合名会社」と相続についてお話しをさせていただきます。

 

参考)以前掲載した「合同会社」の説明
https://www.facebook.com/ALFATAX/posts/862470153803074

 

今回ご説明するのは「合名会社」。
まず「合名会社」とは、どういう法人形態なのか。

 

最大の特徴は出資者(社員)は会社の債権者に対し直接連帯して責任を負う「無限責任社員」だけで構成されるということです。
株式会社の場合、出資者(株主)は出資額の範囲内でのみ責任を負う「有限責任」です。
つまり、合名会社の社員は、法人の債務の全部について、無限に責任を負わなければなりませんので、ある意味個人事業のような扱いです。

 

そしてこの「合名会社」と相続の関係ですが、債務超過となった場合の取り扱いが株式会社等とは変わってきます。

 

会社が債務超過の状態で、株主・出資者が死亡した場合、株式会社であれば株式の評価がゼロとなるだけです。

 

一方、合名会社の場合には個人もその債務を負わなければなりませんから、相続税の計算上「債務控除」の対象となるのです。
(国税庁質疑応答事例参照)
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/sozoku/05/03.htm

 

相続対策という観点からみれば、「合名会社」という法人形態は運営の方法によっては有用であると考えます。
上記債務控除に関する事項以外にも、個人事業に近い形態ではありますが、当然法人ですので法人税法上の特例等(繰越欠損金等)の適用されますし、役員に対する報酬の支払いも可能です。

株式会社、合同会社、合資会社、合名会社等法人形態は様々ですが、どのような目的で設立するのか、どのような方針で運営をしていくのかによって適している法人形態は変わってきます。

法人の新規設立、個人事業からの法人成りなどをお考えの方は、アルファ税理士法人にご相談ください。

 

アルファ税理士法人
http://www.alfa-tax.jp/
相続・不動産税務相談所
http://www.alfa-asset.com/



起業支援

起業支援

新規法人設立・個人事業開業から開業時の融資斡旋、助成金、経理業務確立までトータルでサポート。詳しく見る

経営サポート、決算対策

経営サポート、
決算対策

月次決算・決算予測から、金融機関対策・斡旋、節税案の提案、訴訟等の法務相談。税務申告、経営全般までサポート。詳しく見る

相続対策

相続対策・
シミュレーション

相続税試算から、事前対策、円滑な遺産分割、納税までを丁寧に、わかりやすくサポート。詳しく見る

資産税・不動産コンサルティング

資産税・不動産
コンサルティング

等価交換や立体買換え等の資産税サポート、グループ企業や提携企業との連携による資産売却、購入・有効利用等の各種ご提案。詳しく見る

事業承継

事業承継・M&A・
法人売却サポート

円滑な事業承継のための対策や、M&A、法人売却または清算まで、イグジットまでお任せ下さい。 詳しく見る

生命保険・損害保険

生命保険・損害保険コンサルティング

グループ企業による保険コンサルティング。標準保証額の算定や、財務体質の強化、相続対策に有効な各種商品をご提案致します。詳しく見る