相続対策・シミュレーション (14 )

2014/01/07
遺言の方式

今までにも何度か相続のお話をさせていただきましたが、今回は「遺言」についてお話させていただきます。

 

相続の話を進めていく上で、最も大事にしなければならないのは、被相続人の「誰に」「どのような財産を」残したいか、という思いであると考えます。

その「思い」は、遺言という形で表現することで、相続発生後の遺産分割に関する争いを防ぐことができます。

 

遺言の方式にはいくつかございますが、今回は2つの方式を説明いたします。

 

1.自筆証書遺言
これはその名のとおり、遺言者本人がすべて手書きで書かなければなりません。
この方式は、自分ひとりでいつでも作成することができ、費用もかからないので手軽である反面、紛失や偽造の危険性や、要件不備により無効になる危険性があります。

 

2.公正証書遺言
これは、公証人が公正証書という形式で作成する遺言になります。
この方式によれば、1に掲げるような紛失・偽造や無効となってしまう危険性は極めて低くなり、安全で確実な方式といえます。
ただ、作成には費用が発生し、また証人が2人必要となるなどのデメリットもあります。

 

いずれの方式をとるにせよ、まずはご自分の財産を把握し、誰に何を残すのかを考えなくてはなりません。
ただ、誰に何を残すかによって、相続税は大きく変わってきます。
ご自身の「思い」を第一にということは変わりませんが、我々としてはその中で税務面からのアドバイスをさせていただければと考えております。

 

相続対策の第一歩として、遺言の作成を考えてみるのもよろしいかと思います。

 



起業支援

起業支援

新規法人設立・個人事業開業から開業時の融資斡旋、助成金、経理業務確立までトータルでサポート。詳しく見る

経営サポート、決算対策

経営サポート、
決算対策

月次決算・決算予測から、金融機関対策・斡旋、節税案の提案、訴訟等の法務相談。税務申告、経営全般までサポート。詳しく見る

相続対策

相続対策・
シミュレーション

相続税試算から、事前対策、円滑な遺産分割、納税までを丁寧に、わかりやすくサポート。詳しく見る

資産税・不動産コンサルティング

資産税・不動産
コンサルティング

等価交換や立体買換え等の資産税サポート、グループ企業や提携企業との連携による資産売却、購入・有効利用等の各種ご提案。詳しく見る

事業承継

事業承継・M&A・
法人売却サポート

円滑な事業承継のための対策や、M&A、法人売却または清算まで、イグジットまでお任せ下さい。 詳しく見る

生命保険・損害保険

生命保険・損害保険コンサルティング

グループ企業による保険コンサルティング。標準保証額の算定や、財務体質の強化、相続対策に有効な各種商品をご提案致します。詳しく見る